とんかつの豚肉の品種の違い

とんかつに使われる豚の品種は一般的にバークシャー種ヨークシャー種ランドレース種があります。それぞれの特徴です。

バークシャー種  肉が引き締まっていて赤身部分に味がある
 有名産地 鹿児島黒豚

ヨークシャー種  脂分のが柔らかく味が濃いのが特徴
 有名産地 神奈川の高座豚

ランドレース種  脂身が少なく赤身部分が多い。

などともったいぶったことを書きました肉繊維の細い豚は、歯切れもよくやわらかく感じます。質の良い餌を与えれば赤身自体に味が出るのも確実です。わたくし、豚 勝郎(とんかつろう) 的には、一般的には分かりませんが鹿児島の黒豚という豚は一味違います。噛んだ時の肉の抵抗や旨みの濃さなど格別です、餌にサツマイモを使うことによって独特の風味と甘みがありとんかつには鹿児島の黒豚がお気に入りです。
 


とんかつの魅力
前にもどる。


とんかつに使う豚肉の部位
次にすすむ。

スポンサードリンク
Copyright © 2006 とんかつ好きによるとんかつ好きの為のサイト. All rights reserved